Wawick  Rock Bass Alien Deluxe


実は、ちょっとした事から中古のエレアコをもう一本購入いたしました。

 

Wawick の Rock Bass Alien Deluxe 4strings (フレットレス改)です。

 

 

この楽器、もともとフレッテッドだったものを改造したもので、ブラックナイロン仕様になっています。フィンガーレストもついてますね(使わないけど)。新品で購入してこの改造まですると、結構な値段になってしまうので、研究がてら中古を購入しようと思い立った次第です。

同時期に二本ベースが増えて、使うベースにも困っておりますが、こちらはこちらでなかなか楽しい楽器でした。

 

ロングスケールのこの楽器のサウンドの傾向は、いわゆるエレアコベースのそれに、重たいローを付け足したもの。ボディ形状がかなりワイドで深い。これがこのローをひねり出すためのものである事は一目瞭然で、実際気持ちよく出ます。印象としては、以前所有していたTACOMA(タコマ)のエレアコベースにかなり近いです。それでいて、値段は新品でも7~8万円ですから、これはかなりお買い得なベースです。made In Chinaが少し気になりますが、それもこの価格に抑えるためでしょう。

定評のあるフィッシュマンのピックアップ・プリアンプも良好ですが、ややガリが出始めてます。接触不良気味のポイントも。こちらは中古ということで仕方ないでしょう。あまりにひどくなったらプリアンプの交換までするかもしれませんが、ピックアップやプリアンプ自体の性能が悪いわけではありません。

先日ご紹介したLandscapeはかなりローは抑えめで、「現場での扱いやすさ」を意識したものに対してこちらは、エレアコベースという楽器そのものの音を気持ちよく追求したもの、と言えるかもしれません。実際このローを大人数のバンドアンサンブルで出してしまったら、音をまとめるのが結構大変でしょう。ゆえにこの楽器は小編成でこそ生きる….、特にピアノとのデュオやドラムレスの編成などでその真価を発揮するでしょう。これは楽しみ。Landscapeとの使い分け、住み分け的にも問題なさそう。

 

実際の音色の方は、明日個人練習に入るので、時間あったら録画してご紹介いたしますね!!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です