Landscape ARB-204/FL動画


先日とあるライブで1曲だけエレアコベースを使いたい曲があって、Warwickとどちらを持っていくか、相当迷った末LandscapeのエレアコARB-204/FLを使いました。

選択基準としてはWarwickの弾き心地か?Landscapeの汎用性・現場への対応力か?といったところだったのですが、後者を選んだわけです。これは正解だったように思います。

ギターとドラムとのトリオでの使用だったのですが、特にドラムがあるユニット(バンド)である程度PAされた現場では、Landscapeのエレキベース然とした対応力がものを言いました。おそらくある程度の音量が上がるライブではWarwickでは、その持ち味のローの気持ちよさとかは再現できず、むしろバンドサウンドの中ではちょっと扱いにくい音になってしまう。思うに、音量はあがるけど持ち味はでない→ならエレベで良いじゃないか。となっていたかもしれません。

この点、Landscapeのエレアコはマグネットピックアップ中心の音作りのため、エレベとそれほど変わらない感覚で音作りができました(グライコをエレアコ専用に用意しました)。それでいて出てくる音はエレアコベースのそれ。なるほど、あらためてこの楽器の優秀な設計思想に触れた気がしました。「よく現場をわかっているなぁ~」とあらためて感心した次第です。

 

もっともWarwickの弾き心地の良さはまた特筆もので、この特徴が生かせる状況なら、どんどんこちらも使っていきますよ。まったく状況が分からない時にはちょっと厳しいですけど。
そうそう、書いていて思い出したのですが、この二者の関係、とあるギタリストが言っていた「ガットギターとオベーション」の関係に似ています。誤解を恐れずにひとことで言うならば、生音で弾いて気持ち良いのはガッドギター。様々な状況下でバンドの中で「アコギとして機能する」のがオベーションと。ただ、オベーションには生音の良さはあまり無い。

WarwickのエレアコベースとLandscapeのエレアコベース、まさにこれに近い関係です。これからまたいろいろな現場で使って検証していこうと思います。もちろん映像はこちらにもできるだけアップいたしますね。

今回の映像は残念ながら諸事情によりアップできないので、Landscape ARB-204/FL での練習音源をどうぞー

 


「Landscape ARB-204/FL動画」への2件のフィードバック

  1. 私もLandscapeの同じモデルを使っているので、大変参考になります。ただ私のはアーチトップではなくフラットですので製作年度の違いかもわかりません。動画は素晴らしい演奏ですが全体的に暗くて見にくいのが残念です。

  2. コメントありがとうございます!
    トップがフラットのタイプもあるんですね、知らなかったです。
    動画は無造作に撮っているので、あまり照明的なことまで気にしてませんでした。でも、ご指摘ありがとうございます。今度からもう少し気にしてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です