最近購入したエレアコベースを二本、練習では交互に使っていますが、最近あらためて考えているのが弦のことです。

これまでも散々試しては変えてを繰り返してきて、エレアコベースに関しては「より太いゲージのブラックナイロン」に落ち着いています。ロトサウンド(の060~)がその筆頭だったのですが、楽器の構造上の理由もあり、スーパーロングサイズのラベラや、ダダリオのブラックナイロンも使うようになっています(Landscapeに張っているのがラベラの060~、ソリッドのフレットレスにはダダリオのブラックナイロン)。

いろいろ使ってみて、音色の特性や触感上の特性なども分かってきたのですが、ここにきてフェンダーのブラックナイロンの評価が上がってまいりました。
Warwickのエレアコベースに張っているのがそれで、この弦の特筆すべきところは触感なのですね。やや波打ったような形状のこのブラックナイロン、指に対しての設置面積が少ないため、よく滑るのです。とても快適。特にこの時期からの汗をよくかくシーズンは一度手のひらにかいた汗がエアコンなどによって乾き始めたとき、この時にやたら手にグリップしてしまうのです。これはフラット弦ゆえの特性で、レーシングカーのスリックタイヤ(表面がつるつる)がよりグリップしやすいのと同じではないかと考えているのですが(違ったらスミマセン…)。

それが波打ったフェンダーブラックナイロンだと、随分軽減されるのですね。これは発見。よりオールラウンドな状況で使えるし、音色的にもまったく問題ないです(特に中域がよく出るような気がしてます。私見ですが)。

どうしようか、ほかのベースも一斉にこれに変えてあらためて検証してみようかと検討中なのです(実際はまだあまっている弦もあるので先になるとは思いますが)。弦を選ぶのも、なかなかどうして果てしない道のりなのです。

 

下記はそのフェンダー弦をはったWawickエレアコベースです。演奏がとても楽しい楽器です。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です