セッテイング


③セッティング

ここがかなり重要。
機種も増え、エレアコベースの選択肢も増えてきたが、いまだメーカーごと、機種ごとに設計思想が一定していないように見受けられる。

これは新しい楽器ゆえ、致し方ないところではある。
機材・楽器の調整も含めた、「プレイヤー個々のセッティング」において対応する部分であろう。弦高ひとつでまったく世界が変わるのである。

ポイントは、上述の「どの立ち位置」を目指すかにあるように思う。
すなわち、メリット・デメリットを理解した上で、どの程度エレベに近づけるか、またはウッドに近づけるか。または、まったく独自の世界を構築するか。

最後の「独自の世界」に関してはここでは考察しない。

なぜなら、エレアコベースの導入を考えるほとんどのプレイヤーは、
ある一定の(既存の)音楽ジャンルや体系の中でアンサンブルをし、その延長での何か違う要素を求められているからである。つまり、エレベ的な要素であったりウッド的な要素であったりはするものの、最低限クリアしなければならないベースとしての機能を損なってはいけないところに、多くの悩みがあるのである。

例えば、ハードロックバンドでエレアコが鳴っていたらどうだろう。

音の在り方としては面白いかもしれないし、可能性は否定しない。
ただ、大音量の他のメンバー相手に、ライブの現場で「ロックなベース」として機能することは、とても難しいであろう。

livehouse

同様に、エレアコベースにブロンズ弦を張り、ローをカットしたきらびやかな音、アコギのような音でギターアンプを鳴らす。

こんな音でジャズのアンサンブルに入った場合には、4ビートでバッキングにまわった場合の推進力のなさには、周りのメンバーがほとほと呆れはてるであろう。たとえそれがどんなに綺麗な音であってもである。

求められるものと、エレアコベースで付加したい要素との乖離は、意外と深い根を持つのである。ただ、これは低音楽器が取るメロディやソロなどにおいて、さんざん先人達が苦労されてきた事と何ら変わりはない。

要は、如何に自分の音楽を捉え、如何にアプローチするかの明確なビジョンを持つかということなのである。

wood1

~現時点での私のセッティング~

私の場合、仕事として演奏する場が、ジャズであることかがほとんどである。エレベ奏者であるが、当然のようにウッド的なジャズのニュアンスも求められる。
また、その日一緒に演奏するメンバーや曲・お店の機材環境がまったくわからない事も多く(それで良いとは思っていないが)、サウンドの融通性も要求される。対応性と言い換えても良い。

そんな現場にエレアコベース一本で行くことはやはり難しい。状況がある程度わかった中での「自分のライブ」に限定して使用している。

音色の方向性としては、かなりウッド的な方向性にふっている。エレベと二本持ちのことも多く、極端にニュアンスを変えたいからである。

ジャズの4beatを演奏するにあたり、最も重要なのは、音の立ち上がり部分にあると信じている。いかにしてスピードのある音の立ち上がりを保ったまま、メローなエレアコの要素を付加するか、そのバランスが重要である。

音色についてはあくまでも今は実験段階と割り切っており(仕事である以上、演奏内容、ライブの出来については「実験」ではマズイ)、いろいろなセッティングを試みてきた。リペアマンにちょっとした改造などもお願いしたり。

その結果、現時点で辿り着いたのは、

フレットレス+ブラックナイロン弦(Rotosound)+弦高を高く(ナット部分を高く)、というセッティングである。私見では、アンプについてはそれほど影響は大きくない。

%e5%bc%a63

ROTOSOUND/ロトサウンド ROT-RS88LD [65-115] ベース弦
<スポンサーリンク>

フレットレスとブラックナイロンの組み合わせは、やわらかい表情を出すのに適している。よりアコースティックな「声」に近づく印象だ。そして、弦高を上げていくことにより、ベロベロになりすぎない音を担保する。スピードを保つのである(こうすると弾き方にもひと工夫必要なのだが、それはまたの機会に)。

img_0441

曖昧な記述で申し訳ないが、この状態が一番「コンパクトな箱なりを付加した、よりウッドらしい音がするエレキベース」になっている。

実験用の機種と割り切っていたので、Zennのエレアコベース「ZB22CE」(ミディアムスケール)でさんざん試させて頂いている。
これにさらに木材・剛性含めた「作り」の部分が伴ってくれば、かなり良いものになると思っているのだが・・・。

※なお、もうひとつ考えられる極端に違ったセッティングとしては、
フレッテッド+ブロンズ弦+弦高低くしたもの。
上記とま逆である。ただ、奏法含め、こちらは先人が結構いる。近々私も研究したい方向性ではある。

→次ページ「弦」へ

 

サウンドハウス